意外と知らないこんにゃくの選び方

こんにゃくは、江戸時代から「お腹の砂おろし」と呼ばれています。

こんにゃく好きはもちろん、ダイエットや健康維持を目的に選ばれることの多い食品ですが、その種類と選び方はご存知でしょうか?

こんにゃくの種類は豊富にある〜おいしい味に出会う前に種類を知ろう〜

こんにゃくの種類は豊富にある〜おいしい味に出会う前に種類を知ろう〜

こんにゃくをダイエットに役立てる理由の一つに、種類の豊富さが挙げられます。こんにゃくの形状や食感は様々で活躍の場も広いため、ダイエット中も飽きることなく、こんにゃくを楽しめます。

  • 板こんにゃく

    (練って糊状にしたこんにゃくを箱型に流し込んで固め、板状に切ったもの)

  • つきこんにゃく

    (板こんにゃくを、ところてんのように器具で押し出したもの。程よい食感)

  • 玉こんにゃく

    (四角ではなく、丸めてゆでて作ったもの。煮物やおでんに加えるとアクセントになる存在)

  • 刺身こんにゃく

    (水分が多く、そのまま食べられる。柚子や海苔で風味をつけるのもおすすめ)

  • 糸こんにゃく

    (糊状のこんにゃくを、細い穴に通しながらゆでて紐状にしたもの。しらたきとも呼ばれる)

  • 粒こんにゃく

    (粒状に加工したもので、お米に混ぜて炊くことも多い。クセのない味と食感が魅力)

こんにゃくを選ぶなら知っておきたい〜こんにゃくには黒と白のタイプがある〜

一括りで“こんにゃく”と言っても、実はこんにゃくには黒いものと白いものがあります。簡単に説明すると、生芋から作られたものは黒く、こんにゃく芋の精粉を使ったものは白くなります。現在、スーパーや通販などで販売されているものの中には、精粉を使ったものにアラメやヒジキなどの海藻の粉末を混ぜて、黒く色付けしたこんにゃくも多くあります。

どう選ぶの?おいしいこんにゃくの選び方

どう選ぶの?おいしいこんにゃくの選び方

売られているこんにゃくを、こんにゃく芋からできたものなのか、精粉からできたものなのかを見分けるには、どうすれば良いのでしょうか?

これは、原材料に「こんにゃく粉」もしくは、「こんにゃく芋」と表示されているため、意外と容易にチェックできます。また、こんにゃくは古くなると水分が抜けて全体が小さくなります。触ったときに硬すぎず柔らかすぎない、適度な弾力のものを選ぶとベストです。

今まで意識していなかったという人も、ぜひチェックしてみてください。

日本の伝統的な食品で、老若男女問わず広く支持されていてダイエットの強い味方であるこんにゃく。通販でお求めでしたら、エコファーム福畑の商品をお取り寄せください。こんにゃくとは思えないほどの澄み切った透明感、プルンとした不思議な食感をお届けいたします。こんにゃくをお求めの方は通販をお役立てください。

こんにゃくをダイエットに取り入れるならエコファーム福畑の通販へ

販売業者 エコファーム福畑
運営統括責任者名 中畑勝博
住所 〒397-0001 長野県木曽郡木曽町福島1244−1
電話番号 080-3015-7767
※電話に出られない場合はこちらから折り返させていただきます。
メールアドレス nakahata@midfield2.com
URL https://ecofarm-fukuhat.shop-pro.jp/

About the owner

             

私は木曽檜のふるさと 長野県の木曽の山の中で小さいながらも農業をしております。土手に育つ自然の野草で牛を飼い、得られた堆肥で稲を育て、とれた稲わらを使ってこんにゃく作りをしています。昔の人の知恵と自然素材のみで作り上げる透き通った極ピュアなこんにゃくを、ぜひ多くの皆様にお届けしたいと思います

代表 中畑 勝博

Top